2月9日更新

実践!生産革新道場

 「現地化への3つの考え方」

 

2月18日更新

実践!生産革新道場

 「対策に行き詰まったら現場で対策会議を行え」

 

 

 

 

 

 

1月9日更新

実践!生産革新道場

 「反省の概念の無い管理者は強制的に反省させよ」

 

 1月14日更新

実践!生産革新道場

 「直感を事実にするための証拠固めを行え!」

    

UNIVERSAL VIDEO COOPERATION CO.,LTD

899/307 Nantawan Onnut Onnut Rd Pravate

Bnagkok 10250 THAILAND

TEL:(02)349-6110

FAX:(02)349-6111

    バンコクスリウォンロータリークラブ例会6月20日

 

19時開会点鐘

国歌斉唱

ロータリー4つのテスト

 

【VISITING RTN】

大阪天満橋RC 仲西様

大阪天満橋RC 高橋様

 

【GUEST】

小長井様(藤江RCのご紹介)

山崎様(藤江RCのご紹介)

糸永様(小田原会長のご紹介)

高橋様(小田原会長のご紹介)

 

誕生日 

6月20日 小田原会長奥様

6月21日 森場RC

おめでとうございます。

 

 

《小田原会長より》

 

本日は18時から来月のインストレーションパーティのミーティングがありました。今後の予定は、6月22日にブンクンクラブ、28日にトンブリ、バンコクロータリークラブが29日にグランドハイアットエラワンにてありますので、どちらか行ける方がいらっしゃいましたら夕方からご一緒によろしくお願いいたします。バンコクサウスが7月1日にアナンタラにて、バンナーは7日にメープルホテルにてあります。パトゥムワンの日にちはまた追ってご連絡します。

 

 

《鈴木次期会長より》

 

インストレーションパーティに関しましては、飯田直樹様と進行を確認し、追ってご連絡いたします。昨年作成していなかった小冊子を今年は作成したいと思っております。小冊子の制作費が約50,000バーツかかりますので、皆様には1社5,000バーツずつ、計10社の協賛をお願いしたいと思っております。また役割分担を確認いたしました。参加費はメンバーが600バーツ、ゲストはホテルにそのまま支払うことになる1200バーツとなります。ゲストの予定人数は現在約57名で、ブッキングを60席しており、当日10席ぐらいは増加が可能です。今年はワインではなく日本酒で乾杯をいたします。

当日はグリーンジャケット着用でお越しください。

皆様のお力のもと、来期会長として過ごしてまいりますのでよろしくお願いいたします。

 

 

《赤坂RCより》

 

4年間のタイ滞在中、ロータリークラブには2年間所属いたしました。この度退会することになりましたので、今までのことも含めご報告させていただきます。

私は石川県の金沢に生まれ、福井県の武生で育ちました。3姉妹の末っ子で長女とは12歳、次女とは9歳年齢差があります。

 

昔から海外で経験を積みたいと思っており、中学のときにボランティアや海外に関係する仕事に就きたいと福井県にある英語教育に力を入れている高校に推薦入試を受けました。ですが、その合格発表の日、起きたら昨日まで在命していた父が亡くなっていました。その時はなぜ何もできなかったのか、もっと親に感謝できていればという大きな後悔が残りました。その数ヶ月後、父方の祖父が亡くなり、家族が一気に二人減りました。当時は大学進学を考え勉強をしていましたが、高2の時に母が大腸がんに罹り、このまま進学をしてもお金や時間をかけて一生懸命勉強する自信がなく、進学率99%のその高校では1%にあたる就職を選びました。自分で選んだとはいえ周りのみんなが進学する中、自分だけが就職をするという初めての挫折を経験しました。親のことで悩んでいた時期も友人には相談ができず、一人で悩み、泣いていた時期もありました。

 

20歳ぐらいまでの浮き沈みが激しかった中、当時二人の姉の長女が香港、次女がマレーシアにおり、香港に遊びに行った時にやはり海外生活をしたいと思うようになりました。一度の人生なら若いうちに海外に行きたい、これ以上後悔はしたくないと思い、マレーシアに遊びに行きました。自分の持ち物全てを売ってお金に替え、3ヶ月間のマレーシア滞在中、姉の勧めもあり就職活動を始めました。

 

インターネットで「東南アジア、仕事」と検索して出てきたパーソネルコンサルタントに連絡をしたところ、小田原社長からメールをいただき、ビザランの訪タイ時に登録に行きました。小田原社長からあなたに紹介できるのは弊社しかありませんと言われ、その場で就業規則の紙を渡され、この社長なら大丈夫であろうということでその場で入社を決意し、1ヶ月後にはタイで生活を始めました。

 

タイでは最初の3ヶ月間はアパートに住まず、友人を作るために2段ベッドが4つ入っているゲストハウスに滞在し、そこから通勤しました。辛かったですが、友人がたくさんでき、語学の練習にもなりました。その後はタイ語を早く習得するためにタイ人の女の子とルームシェアをし、4年間で5回引っ越したうちの2年間を彼女と過ごし、語学も上達しました。また色々な場所を見て環境を知り、物事を感じたいと思い、ネパール・トルコ・オランダ・スリランカなど各国に一人旅をし、旅をすることでどんな環境にも対応できるようになり、計画性も身につきました。使っていたiphone4もインターネットにつながず、何か知りたいときは携帯で調べずに他の人に聞くなど、わざとインターネットを使わない生活をしていました。

 

パーソネルコンサルタントでは人材紹介部に所属し、在タイ日系企業9000社のうち、300~400社を担当し、タイ人・日本人をご紹介しました。当初はタイ人スタッフを4名持ち、後に日本人管理も行ってきました。タイ人を1日10名ほど直接英語・タイ語・日本語で面接し、ご紹介できるようにしました。それ以外にも幅広く仕事を担当し、普段は会えない東京・北海道・沖縄・タイの方々と知り合いになれる出会いの多い会社でした。

 

紹介部では面接に行かなかったり、採用後も辞めてしまうなど謝ってばかりでしたが、それ以上に感謝される仕事でタイ人と日本人の架け橋になれ、タイに少しは貢献できたかなと思っています。最初は大変でしたが、4年目にはやりがいも感じ、やっと楽しく仕事もできるようになりました。社員が日本人15名、タイ人70名ほどおり、タイ人スタッフも仕事場では部下、プライベートでは友人ということで、仕事の後は食事に行ったり、休みの日も一緒に出かけ、親身になってくれるタイ人にも恵まれました。

 

2015年にバンコクスリウォンロータリークラブに入会しました。きっかけは20代前半は自分のために生きてきたこともあり、今後は人のために生きたり役に立ちたい、タイで働かせてもらっているのでタイに貢献したい、ということで、会社の面談時に小田原社長からロータリークラブのことを聞き、入会させていただきました。最初はイメージがつきませんでしたが、偉大な方々のご教示のおかげで成長ができ、楽しく例会に参加させていただきました。自転車贈呈式に参加することで、普段はあまり行けない地域で子供たちの笑顔を見ることができてとても良かったと思っています。

 

今後は今月末にタイを離れ、北欧にお嫁にいきます。これからタイで学んだことや培ったことを活かせる仕事につければいいなと思っております。

こうしてロータリークラブに入会し、例会で皆様に会うこともでき、人生が変わるきっかけをくれた小田原社長には本当に感謝しています。

皆様、本当にありがとうございました。

 

 

各RCの皆様から贈る言葉

 

 

《小田原会長より》

 

皆様、温かいお言葉をありがとうございました。何も知らない26・7歳の女の子をロータリークラブに入会させていただいてありがとうございます。人が一番成長する20代後半を皆様と一緒に活動することで、普通に現地採用で働いている女の子達に比べるとたくさん成長をし、こういった場で普段接しない方々と接することの重要性を改めて感じました。お世話になりまして、ありがとうございました。また戻ってくることもあると思いますが、その際は温かく迎えてあげてください。

 

23日に自転車贈呈式を社会福祉局で行います。今期最後の贈呈式ですので、是非ご参加ください。

来週は私が最後のスピーチをさせていただきます。

 

仲西様、お土産をいつもありがとうございます。

 

皆様、本日もありがとうございました。

 

 

 

20時閉会点鐘