2月9日更新

実践!生産革新道場

 「現地化への3つの考え方」

 

2月18日更新

実践!生産革新道場

 「対策に行き詰まったら現場で対策会議を行え」

 

 

 

 

 

 

1月9日更新

実践!生産革新道場

 「反省の概念の無い管理者は強制的に反省させよ」

 

 1月14日更新

実践!生産革新道場

 「直感を事実にするための証拠固めを行え!」

    

UNIVERSAL VIDEO COOPERATION CO.,LTD

899/307 Nantawan Onnut Onnut Rd Pravate

Bnagkok 10250 THAILAND

TEL:(02)349-6110

FAX:(02)349-6111

     バンコクスリウォンロータリークラブ例会7月25日

 

19時開会点鐘

国歌斉唱

ロータリー4つのテスト

 

【VISITING RTN】

東京北RC 和田前会長様

バンラックRC 鶴田様

西尾RC 手島様

 

【GUEST】

糸永様(小田原会長のご紹介)

 

 

《立川幹事より》

例会に出席できなかった際のメイクアップは基本的に2週間以内に他のクラブへ出席して行うことになっておりますので、皆様よろしくお願いいたします。

 

 

《飯田前会長より》

ローターアクトに関しましてご報告いたします。ローターアクトというのはチュラロンコン大学・ランシット大学・泰日工業大学などのタイの大学内にあるロータリアン予備軍と言われるような若い方、18~30歳ぐらいの方向けにトンブリやシーロムRCがスポンサーとなって支援をしているクラブです。私は今回ローターアクトの人たち向けに、会長・幹事・会計とは何か、その詳細と心構えなどをハンドブックを元にして45分間タイ語で教育をしてまいりました。今回はタイにあるインターアクトの約25校、100名が参加しておりましたが、ロータリーは次世代への教育ということもテーマにあり、その中にはもっと年齢の低いインターアクトという13~18歳の中学・高校生、またアーリーアクトという幼稚園・小学生の世代も一緒に参加しておりました。ローターアクトは49年前にノースカロライナで発足し、次世代を育てるための組織として国際ロータリーが認定、全世界で約1万のクラブ、20万人のローターアクターが存在します。ロータリーは3万5千のクラブ、20万人のロータリアンがおりますので、クラブの数としては3分の一、メンバーの数としては6分の一となりますが、次世代の人たちを育てることに力をいれているなと感じました。内容につきましてはまた次の機会にお話をさせていただきます。

 

また、奉仕活動に関しまして、自転車は今期6回を計画しております。グローバルグランドの浄水器は国際ロータリーから2つ支援をもらい、単独で2~3つ話がありますので、自転車の日程に併せて行ってまいります。自転車の予定としましては、9月のナコンパトゥム、11月のウドンタニ、1月がサラブリ、2月のソンクラー、4月のランパーンの計画があり、このどこかに2つの浄水器を追加します。8月の理事会までにまとめて皆様にお知らせいたします。

 

 

《梅村財団委員長より》

7月1日から新しい会長に変わりますが、制度として12月までに一人一口1000ドルを寄付していただき、NYの本部に持っていくと、3年先に我々に何か計画があればその寄付した3分の一ぐらいが戻ってきます。スリウォンRCは一人頭の寄付金としてはタイのクラブでは2番目です。メンバー15人の中で飯田様、私、中島様、スモン様の4名が1万ドルを寄付しており、タイの中では有名だと思います。いつも15名で約1万ドルくらい集まりますので、皆様今年もご協力お願い致します。

 

 

《記念日》

快気祝 梅村財団委員長

結婚41周年 梅村財団委員長・中島様

会社25周年 梅村財団委員長・中島様 UMEMURA CO., (THAILAND) LTD.

 

 

《和田前会長より》

スリウォンRCに初めてメイクアップに越させていただいたのはまだ亡くなった塩谷様が会長のときの12~3年前のことになると思います。そこから年に1・2回メイクアップに来ており、水高様会長時に両方のクラブで、このスリウォンRCでメンバーに近い出席の権利を持つという文書を交わしました。その後タイに移住、50%ほどの出席率をキープしていると思います。バンコク滞在が1年のうち50%、30%はそれ以外の国、20%は日本ですが、海外出張も例会に日程を合わせているのでホームクラブでの出席率は30%ぐらいになります。スリウォンRCでお話をさせていただくのは4回目になると思いますが、RCでの自己紹介をさせていただきますと、在会35年で100%の出席です。これはタイにてクラブ並に出席できるということ、また皆様に温かく迎えていただけているおかげもあり、こちらのRCにこの場を借りてお礼を申し上げます。

 

RCの知識は、地区で仕事をするとかなりの比重で得ることができます。私は地区の委員長を4つほどさせていただきましたが、その時にロータリーとは何か、ということを知りました。中でも地区の会計長という2580地区の会計の責任を全て持った際に、年間2億5千万円ある予算をどうやって各地区の委員会やプロジェクトに配分するか、そして支払い請求書に承認をするかというのが大事な仕事で、クラブよりもその地区での活動のほうが比重が高く、さらにロータリーの良い面も悪い面も知ることができました。少しお話をすると、ロータリアンは会社の経営者であることも多いのですが、自分の会社と混同をすることも多く、ロータリーのために奉仕をするのだからその分ロータリーの予算を使いたい、という気になることがあります。ロータリーというのは上下関係はなく、皆が均等に会費を払いそれを分担するわけですので、ガバナーに人徳がある、知識が卓越している、という場合にその方が素晴らしいということはありますが、ガバナーだから偉いというわけではありません。例えば私のホームクラブでもそうで、区幹事としてガバナーと公式訪問に随行しましたが、地方のRCの評議会を訪問する際、控室から入って行くと皆さんが起立して拍手をしてくださいます。地方の老舗クラブを訪問するとガバナーが入ってきたときも、古いメンバーが「立つな」とおっしゃいますがそれは皆の立場が同じだからであり、本来は起立をする必要はありません。

 

日本のRCではロータリー情報委員会というものがあり、入会から3年未満の新人会員の教育をし、委員長は元会長がすることになっています。またロータリーの規則の一つにワンイヤールールというものがあり、奉仕プロジェクトを除き、全ての役職は1年任期となります。例外としてロータリー情報委員長の任期は2年、もう一つ職業分類委員会というものがあります。RCの身分は職業を持っている人、あるいは持っていた人が職業を持って会員の身分となりますが、RCに同じ職業の人は二人入れません。会員状況を優先して新しく入会する場合はアディショナルメンバーとなります。弁護士や医師などの場合は職業の分類をし、例えば刑事弁護士、商事弁護士、民事弁護士、家族弁護士、医師なら外科、内科、小児科のように分けてしまいます。職業の身分とロータリーの身分には大事な関係があります。その職業分類委員会の委員長は会長経験者であり、任期は2年となります。

そういった国ごとに規則の違いが出て来る理由として、ロータリーの規則は150ページほどの本でまとめてあり、各クラブの定款はそのモデルを採用しなければならないと記載してありますが、アメリカ本部の見解はあくまでもクラブの判断に委ねる、ということになっているため、元は一緒であっても各クラブで違うこともあり、またそれを本部も認めています。

 

RCは何かという話をすると、「世界に広まった奉仕団体」であります。他にも奉仕団体は沢山ありますが、違いとしてはロータリアンが奉仕をして自らが奉仕先から何かを得る、ということです。得たものは自分の職業に返還し、そしてクラブにそれを戻し、奉仕をすることにより自分を磨くことになります。ロータリーの本を読むと「高潔性」という言葉が随分出てきますが、ロータリアンとして身を正しておく必要が常にあります。奉仕の種類には5種類あり、1はクラブ奉仕、2は職業奉仕、3は社会奉仕、4は国際奉仕、最後の5は青少年奉仕となり、この5つをすることで何かを得る、ということになります。1のクラブ奉仕が一番重要となり、クラブなしに奉仕はできないので、RI本部もクラブが主体でいいと認めています。会長はクラブの代表ではありますが、一番偉いわけではなく、決定は理事会で行います。40~50人のクラブになると職業分類委員会とロータリー情報委員会が必ずあります。そういったものは全てクラブ奉仕になります。次の職業奉仕はロータリーの奉仕で得たものを自分の職業に返す、奉仕をどんどん経験していくことで奉仕とは何か、を学んでいくことです。また奉仕をうまく運んでいくためには親睦が大事となりますが、親睦委員会を持たない、親睦を土台にしないクラブはよく破綻をします。親睦でみなさんが心を通わせた結果、奉仕が生きて返って来ることになります。そして親睦を土台にした奉仕とは出席しないと成り立ちませんので、出席欠席を問うことになります。社会奉仕をするにも自分が何かを学ばなければなりません。また国際奉仕は私のホームクラブで60周年記念行事として何かすることを考えたときに、チェンマイのRCの方が国王のプログラムを紹介してくれたことで、山の水源地から50M間隔で小さいダムを沢山作り水源を確保する、ということができました。ダム作りをできたことは、このスリウォンRCの皆様のお陰だと思っております。これは社会奉仕、国際奉仕、職業奉仕を全て含んだ奉仕となります。青少年奉仕とは6,7年前に第5の奉仕として入ってきたのですが、このRCでもしている図書の進呈のようなことで、教育は最も重要な国策と思っております。

 

《和田前会長への質問から》

ホームページへのクラブのメンバーの入会条件としては会費などの金額記載は必要だと思います。また犯罪者、禁治産者、係争中の方などの入会はできません。

 

また他のクラブへのメイクアップはとても勉強になりますのでお越しになるといいと思います。

本日はありがとうございました。

 

 

《小田原直前会長より》

和田前会長、お話をありがとうございました。

来週のゲストスピーカーがまだ決まっておりませんので、どなたかいらっしゃいましたら、ご連絡ください。

皆様、本日もありがとうございました。