10月2日更新

直感を事実にするための証拠固めを行え

 

10月8日更新

管理ミスを指摘して、認めさせ、反省させよ

 

 

UNIVERSAL VIDEO COOPERATION CO.,LTD

899/307 Nantawan Onnut Onnut Rd Pravate

Bnagkok 10250 THAILAND

TEL:(02)349-6110

FAX:(02)349-6111

教育ビデオ「今日からできる5S活動」

教育ビデオ「今日からできる5S活動」

 

5Sは工場管理の基本です。多くの工場が5S活動に力を入れていますが、管理者、監督者の5Sへの基本的な知識が不足しているため、効果が上がらないケースも多いのです。この教育ビデオでは管理者、監督者向けに5Sの基礎知識と具体的な活動方法をまとめました。第1巻では5Sの基本的な知識とポイントがやさしく理解できます。第2巻では作業員へ5Sを教育する際に大事なポイント、そしてPDCAを使った5S活動の展開方法をまとめてあります。管理者、監督者教育の教材ですので、5Sの活性化にご活用して頂ければと思います。

 

今日からできる5S活動:第1巻                                   

 

5Sの意味

1:整理の進め方
 1)要るものと要らないものを分ける。
 2)要らないものは捨てる。
 3)要るものは区別して保管する。
 

ポイント:整理の基準を設定する。
 

2:整頓の進め方
 1)ものに表示をする。
 2)ものの置き場所を決める。
 3)ものの置き場所を表示する。
 

ポイント:直ぐに取り出せるようにする。
 

3:清掃の進め方
 1)日常の清掃状況を確認する。
 2)汚れの発生状況を改善する。
 

ポイント:掃除は全員で行う。
 

清掃は点検なり。

 

4:清潔の進め方
 1)管理者は毎日3Sの状況を確認する。
 2)5S委員会も3Sの助今日を確認する。
 

ポイント:きれいな場所は汚さない。

 

5:しつけの進め方
 1)規則を守ることを納得させる。
 2)規則を書いて貼り出す。
 3)管理者は作業員に規則を守らせる。
 

ポイント:繰り返し説明する。
 

管理者が自ら5Sを守る。
 

今日からできる5S活動:第2巻

 

5S教育のポイント

1:PQCDSMが改善される

 

5Sにより生産性、品質、コスト、納期、安全、モラルが改善される。
  

2:作業員のメリットを強調する
 1)作業が楽になる。
 2)必要なものが直ぐに使える。
 3)気持ち良く働ける。
 
PDCAで5Sを管理する
 

1:計画
 1)毎月のテーマを決める。
 2)目標を設定する。
 3)計画を立てる。
 

2:実行する
 1)計画を良く説明する。
 2)管理者が率先模範で示す。
 3)5Sの良い点を褒める。
 

3:進捗状況を確認する
 1)チェックリストで確認する。
 2)作業員の意見を良く聞く。
 

4:確認したあと改善を行う
 

目標が達成できた場合
 

1)5S活動の報告書を作成する。
2)結果を維持する。
 

目標が達成できなかった場合
 1)原因を解明する。
 2)対策を立てる。
 

今日からできる5S活動:タイ語版:2本組みセット、各約30分、
価格:4900バーツ(VAT込み)

 

 教育ビデオのご注文フォームはこちらから