8月3日更新

 「大丈夫なはずです」と憶測を言わせない手法

  

 8月8日更新

 ブルネイの7つ星ホテル「エンパイヤホテルの集客方法」

 

 

 

UNIVERSAL VIDEO COOPERATION CO.,LTD

899/307 Nantawan Onnut Onnut Rd Pravate

Bnagkok 10250 THAILAND

TEL:(02)349-6110

FAX:(02)349-6111

正しいPDCAの進め方(新作)

 

■正しいPDCAの進め方

管理者が仕事を進める上で大事なことはPDCAに従って管理を行うことです。管理者がPDCAに従って管理を行うことで、管理者の出した指示を部下が守るようになり、職場の目標を達成出来るからです。しかしこの管理の基本であるPDCAを正しく理解してない管理者が多いのが現実です。この教育ビデオでは管理者に必要なPDCAをベースにした正しい管理手法を学習します。

 

■正しいPDCAの進め方:第1巻内容

1:PDCAの意味とステップ

1)PDCAとはPlan(計画)Do(指示)Check(確認)Action(対処)

の頭文字を取った管理手法の名称です。

 

2:PDCAで良い結果を出すポイント

1)PDCAのステップを意識する。

2)CheckとActionを必ず行う。

3)問題発生時をスタートとしてPDCAを行う。

 

3:精度の高い計画を作成する手法

1)6W4Hを活用する。

2)SMARTの法則を活用する。

3)全員が納得できる計画とする。 

 

4:指示を部下に確実に理解させる手法

1)指示は口頭と指示書を使い分ける。

2)口頭指示はできるだけ1個にする。

3)口頭指示は復唱して確認する。

 

5:指示を相手に確実に納得させる手法

1)指示の理由を理解させる。

2)指示を丁寧に説明する。

3)質問に答えて納得させる。

 

■正しいPDCAの進め方:第2巻内容

1:指示の問題発生を防ぐ手法

1)特別体制で指示をフォローする。

2)報告ルートを明確にする。

3)現場でミーティングを行う。

 

2:指示の実施状況を確認する手法

1)自分の目で指示を確認する。

2)相手に質問して確認する。

3)データや現物で確認する。

 

3:問題発生時の効果的な対処の手法

1)問題の原因を明確にする。

2)管理者としての責任を自覚する。

3)部下に対策を考えさせる。

 

4:失敗の再発防止を徹底する手法

1)4Mによる原因分析を行う。

2)責任者を明確にする。

3)仕組みで改善を行う。

 

5:効果のある対策は再発防止の対処を行え

1)対策を作業標準化する。

2)協議の決定事項はルール化する。

3)対策の定期的なチェックを行う。

 

  正しいPDCAの進め方:タイ語版:2本組みセット、各約20分
              価格:4900バーツ(VAT込み)

 

 

 教育ビデオのご注文フォームはこちらから